自分の肌質に合わせたスキンケアを

肌は年齢や環境によって絶え間なく変化しています。肌タイプによってケア方法が違ってくるので、自分の肌タイプを知ってきちんとスキンケアしましょう。肌タイプは全部で5種類あります。まずは、水分量と皮脂量が少ない乾燥肌タイプです。1年を通して乾燥しており、洗顔後は肌が突っぱってしまいます。ベタつくことは少ないですが、ファンデーションが粉っぽくなりやすい肌です。乾燥肌を改善するためには、保湿が欠かせません。乾燥肌専用のコスメを選び、重ねづけして入念にケアしましょう。専用のパックもおすすめです。肌が常にベタつき、テカりっぽいのが脂性肌です。ニキビが出来やすく、脂でメイクが崩れやすいです。ただし、肌が乾燥しすぎて脂性肌になっている場合があります。脂性肌の人は、さっぱりタイプの化粧水をたっぷり肌に浸透させた後、上からきちんと乳液でふたをしましょう。敏感肌の人は、刺激に弱く髪が肌に触れるとチクチクしたりがさがさして皮が剥けてしまったり、あらゆるトラブルを繰り返すのが特徴です。乾燥肌専用向けのスキンケアを選びましょう。一度皮膚科で診察を受けるのも手です。高級の化粧品を使うと、成分が強くて肌荒れを起こす場合があるので注意してください。Tゾーンがベタつき、頬がかさかさしている人は、混合肌です。肌のコンディションが不安定になりやすく、ニキビや毛穴に悩まされがちです。化粧水と乳液を浸透させ、油分と水分のバランスをとりましょう。普通肌の人は、トラブルがあまりなく比較的コンディションが安定しています。目元などの薄い部分がかさつきやすいですが、肌のキメが細かく弾力があり洗顔後も肌が突っぱりません。

どんな肌でも保湿が1番大事です

どんな肌質であっても、保湿が1番重要です。500円玉量をコットンを染み込ませ、手のひらで押さえて浸透率をあげましょう。すべらせると摩擦になるので、優しく叩くようになじませましょう。目元の薄くしわになりやすい部分はコットンでパックすると、ちりめんじわを予防出来ます。乳液は手のひらで全体に叩き込みます。手のひらで温めてからつけると、肌へのなじみが良くなります。軽くマッサージして顔の外側に向かって老廃物を押し流しましょう。

朝と夜で違ってくるケアの目的とは

朝と夜では、洗顔する理由が違います。朝は、寝ている間についた埃や皮脂を落とすことが目的です。細かい泡で洗顔し、メイクノリが良い肌に整えましょう。肌の状態により洗顔クリームを使用しないほうが良い場合もあります。夜はメイクを全て落とすことが目的です。クレンジングをたっぷり使用し、肌の汚れを落としましょう。ただし、クレンジングオイルやポイントリムーバーを使うと乾燥につながります。肌に優しいクレンジングミルクやクレンジングジェルを使ってください。

ご購入の際は、お客様には表示価格のみのお値段でお買い上げいただけます。 SkinLotionを除くすべての商品に、今話題の水素化Mgを配合しております。 弊社の化粧品がなんとモデルプレスに掲載されました。記事内では仮面女子がAuterの使用感を語ってます。 定期購入をご希望の方は、お届け日が5日・15日・25日の3種類からお選びいただけます。 肌に優しいスキンケアをお探しならこちらがおすすめです